遺影写真 元気なうちに用意したい夢ゆめ写真館
Untitled Page
写真は「永遠」に「あなた」を表現し続けます。いつまでも輝き続けるあなたらしい「じぶん写真」をのこしませんか?

〜夢・ゆめ・写真館からの提案〜
自分の「遺影」は自分で選びたい 「そのとき」になって、残された家族を悩ますのが、あなたの「写真」の問題です。 本棚や引出しにしまってあるアルバムを引っ張りだし、ようやく見つけたスナップ写真。 その中から「これでいいか」と選ばれ、関係者の手によって特定のサイズに拡大され、祭壇に飾られます。 ……遺影の多くは、そのようにして「あわただしい中」「なんとなく」選ばれます。 そんな理由からか、なかにはピントが合わず、全体がうすぼんやりして、ぼけてみえる写真も少なくありません。 あなたの祭壇を飾る写真は、あなた自身で選びたいですね。
「これがわたし」「これがおれ」……そんなあなたらしさが表現された1枚をぜひ用意しておきませんか。
「いい写真だったね」「あの人らしい写真ね」……そんな声が聞けたらいいですね。
一般的な遺影
プロのカメラマンが撮影した遺影写真
★一般的な遺影
★プロカメラマンが撮った生前遺影
遺影の多くはスナップ写真を無理に大きく引き伸ばし、衣装や背景を描き加えるなど、多くの修正が施されます。写真がぼけている場合がほとんどです。 プロのカメラマンが撮影した生前遺影の写真。にこやかな表情や自然なポーズなど、本人らしさが表現されたお気に入りの1枚に仕上がります。